読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ気まぐれ雑記帳

主に趣味とかプログラミングについて扱います。

Windows救出大作戦

Windowsのgrubが吹き飛んだ。

なんだか数日前から、起動時に「正常にシャットダウンされませんでした。」というダイアログが出たり、スリープ状態にした後普段通り、電源ボタンを押してもCPUのファンの音的には起動しているのだがLCDがつかなかったりと何かおかしいなと思っていた。しかし、型番の異なるノートPCのグラフィックドライバを使用しているため、前々から、グラフィック周りには不具合を抱えていたので、また、その一種であろうと決めつけていたらあるい突然BIOSが起動しなくなった。
最初は、LCDがつかなかったので内部のインバータが壊れたのだと思ったが、外部ディスプレイを接続してみても、BIOSすら起動せず、外部ディスプレイには入力がありませんの文字が表示されるだけであった。
そこで、今度はHDDが壊れたのだと考え、バックアップをとっているとはいえ、全データを吹き飛ばしてしまうのはどうかと思ったので、手近な所にあったUbuntuのLiveCDを突っ込んで、Ubuntuからデータを回収しようと考え、とりあえずHDDをマウントできないものかと試みると、2つに切っていたパーティションを両方共マウントできてしまうでわないか。
そうとくれば、後は簡単、grubを復旧して、再起動。
無事にWindowsさんが帰ってきた。

それにしても、grubが破損する前に行っていた作業といえば、OpenCVのビルドだったので、以前から不具合があったとはいえ、何がトドメの一撃になったのかよくわからない。

とりあえず、不安なので、時間に余裕ができたらWindowsをクリーンインストールしようかと考ええいるが、来週まで休みはなさそうである。